自毛植毛 メンテナンス

自毛植毛ってメンテナンスは必要?病院への通院と術後の流れ!

「自毛植毛ってメンテナンスは必要?【※病院への通院と術後の流れ!】」のイメージ画像01

 

育毛剤や育毛シャンプー、AGA治療や増毛など、様々な薄毛治療がありますが、そのほとんどで”継続”や”メンテナンス”などが必要となります。

 

自毛植毛に関しても、手術後のメンテナンスや診察が必要だと思っている人も多い様なので、今回は以下についてまとめてみました。

 

自毛植毛手術後、メンテナンスはいる?それともいらない?
薄毛治療の中で最も高額なのに、最も継続費用がかからない?
管理人が自毛植毛手術後、通院した日数とその内容まとめ!
自毛植毛手術後、メンテナンスが必要なケースは?

 

「薄毛は改善したいけど自毛植毛は高額だし・・・」と考えている人にとって、手術後の通院やメンテナンス費用に関しては気になる所ではないでしょうか。

 

当記事を最後までご覧頂くと、自毛植毛のメンテナンスや通院に関して詳しくなれるかと思いますので、是非最後までご覧頂ければと思います。


自毛植毛手術後のメンテナンスについて!

『自毛植毛手術後のメンテナンスについて!』のイメージ画像01

 

自毛植毛も手術にあたるので、”手術後通院して薬をもらったり”と考える人が多いようですが、実際はそんな事もありません。

 

自毛植毛はほとんどメンテナンスはいらない?

自分の毛に人工毛を結ぶ増毛であったり、すぐにハゲが改善するカツラの場合は、年に数回のメンテナンスはかならず必要になります。

 

しかし自毛植毛の場合、頭皮や手術した部分を触るようなメンテナンスは全く必要ありません。

 

もちろん薬も必要ありませんし、通院も必要なく、基本的に来院する回数と内容は以下の様になります。

 

  • 1回目の診察 (カウンセリング、血液検査etc)
  • 2回目の診察 (手術当日)
  • 3回目の診察 (手術翌日、包帯を取る為と移植部のチェック)
  • 4回目の診察 (半年後、移植部のチェック、15分程で終わる)
  • 5回目の診察 (1年後、移植部のチェック、15分程で終わる)

 

上記の様に、1年間で約5回クリニックに行くだけで、その後一切診察に行く事はありません。

 

もちろん頭皮に違和感があった場合や、心配な場合は手術後も見てもらえますが、基本的には診察料などもかからないので、メンテナンス料や薬代なども全くかかりません。

 

増毛、AGA治療など、効果が高い薄毛治療方法は、いずれも1年以上は確実に継続費用やメンテナンス費用が掛かる事を考えると、自毛植毛のコストパフォーマンスが如何に高いかが分かります。

 

自毛植毛は薄毛治療法の中で最も継続費用がかからない?

前項でも紹介した様に、自毛植毛は基本的にメンテナンス費用が掛からない為、薄毛治療の中で最も追加費用や継続費用が掛かりません。

 

数ある薄毛治療法を、継続費用や初期費用、効果のバランスを見た時、以下の様に考える事が出来ます。

薄毛治療法

初期費用

継続・追加費用

効果

育毛シャンプー

×

育毛剤

増毛

×

××

AGA治療

×

自毛植毛

×

 

これを見てもわかる通り、自毛植毛は一番初期費用が高いですが、一番効果を実感出来て、一番継続費用が掛かりません。

 

そう考えると、生涯的なコストで見ると、一番自毛植毛がコストパフォーマンスに優れている可能性があります。


管理人が自毛植毛後、通院した日数は?

『管理人が自毛植毛後、通院した日数は?のイメージ画像01

 

では実際にアイランドタワークリニックで自毛植毛を受けた管理人は、何回程クリニックに来院し、診察してもらったのか?をまとめてみました。

 

管理人が実際に手術後に通院した日数?

 

実際に自毛植毛手術を受けた私も、クリニックに行った回数は、カウンセリングも含めて7回程です。

 

しかもこの6回ですが、以下の様な内容でクリニックに行っています。

 

  • 1回目の来院 カウンセリング(手術1か月前)
  • 2回目の来院 手術当日
  • 3回目の来院 手術後の包帯を外す為(手術の翌日)
  • 4回目の来院 モニター割引を受けたので頭皮を撮影する為(手術後3か月)
  • 5回目の来院 頭皮を撮影する為+簡単な診察(手術後6か月)
  • 6回目の来院 モニター割引を受けたので頭皮を撮影する為(手術後9か月)
  • 7回目の来院 頭皮を撮影する為+簡単な診察(手術後12か月)

 

例えばモニター割引を受けていない人の場合、カウンセリングと手術、手術翌日と3回しかクリニックに行かなくても自毛植毛は完了します。

 

一応半年後と1年後に定期健診と言う形で、移植した部分をチェックしてもらう事も出来ますが、”本人が特に違和感などなければ無理に行かなくても良い”と言うクリニックも多いようです。

 

私は上記でお伝えしたように、手術の際にモニター割引を受けていた為、頭部の撮影があったので7回行きましたが、基本的には3回〜5回、期間にして1年ほどで自毛植毛は完了し、その後クリニックには一切行かなくても良くなります。

 

自毛植毛手術後の通院とメンテナンスが必要なケース

基本的には自毛植毛手術後、1年間で3〜5回程の通院で済みますが、稀にそれ以上行かなければならない場合もあります。

 

そのケースとしては、頭皮の違和感が通常よりも続いたり、あまりに痛みやかゆみがひどい場合です。

 

以前に≪自毛植毛を受ける前の注意点まとめ!【※クリニックの選び方は?】≫でも紹介しましたが、自毛植毛は手術後ショックロスやかゆみなど、多少の副作用の様な症状が現れます。

 

私自身もそうでしたが、これらは半年以内にはほとんど改善しますが、中にはそれ以上症状が続く場合があり、その場合は何度か通院しなければならない可能性があります。

 

ただ、通院と言ってもそれほど頻繁に通う必要はなく、副作用の様な症状が続く場合一度診察してもらい、その都度薬を出してもらうなどの対応をするだけなので、どちらにしても何度も通わなければならないと言う事はありませんし、もちろん診察料もかからないクリニックがほとんどです。

 

 

 

今回は自毛植毛後のメンテナンスについてまとめてみましたが、記事でも紹介した様に基本的にはメンテナンスや継続費用がほとんど必要ありません。

 

もちろん初期費用が高いと言うのはネックですし、今現在生活が苦しいと言う人の場合は、育毛シャンプーや育毛剤から薄毛対策を始める方が良いかもしれません。

 

ただ、1年以内に確実に薄毛対策をして、その後継続費用が掛からない様にしたいと言う事であれば、自毛植毛は一番オススメ出来ます。


自毛植毛ってメンテナンスは必要?【※病院への通院と術後の流れ!】関連ページ

自毛植毛の費用を徹底比較!
高額な薄毛治療法として知られる自毛植毛に関して、費用や総額、相場などが気になっている人が多いようです。こちらのページではそんな自毛植毛の料金や最安値など、価格に関するお役立ち情報をまとめてみました。
自毛植毛で生え際(M字ハゲ)は改善する?
人気の薄毛治療法である自毛植毛に関して、生え際やM字ハゲには効果があるのか?また手術を受ける事で、M字ハゲや生え際の後退は改善できるのか?について記事にしてまとめてみました。管理人が自毛植毛を実際に体験している為、役に立つ内容となっています。
自毛植毛後の後遺症と傷跡について!
ハゲを治す治療法として最近では自毛植毛が注目されていますが、後遺症や傷跡が残らないか?危険性や手術後のリスクなどについてはあまり知られていません。そこでこちらの記事では、自毛植毛ゆじゅつの危険性や後遺症などについて分りやすくまとめてみました。
自毛植毛後の結果報告!
薄毛に悩む人にとって、自毛植毛は本当に効果があるか?手術後どのようになるのか?は気になる所です。そこで今回は管理人のM字ハゲ改善体験談と題して、自毛植毛手術の結果を報告していきます。これから自毛植毛を検討している人にとってきっとお役に立てるかと思います。
自毛植毛を受ける前の注意点まとめ!
はげ上がった頭に最適な治療法として人気の自毛植毛については、もちろんメリットばかりではありません。そこでこちらの記事では、自毛植毛手術を受ける前の注意点や問題点、他の薄毛治療法との違いやクリニックの選び方などについてわかりやすくまとめてみました。
自毛植毛の流れ※髪は不自然にならない?
国内の薄毛治療法として人気の”自毛植毛”に関して、手術の流れや準備、手術後の髪の毛の流れは不自然にならないか?などを今回は記事にしてまとめてみました。実際に自毛植毛をした管理人の体験談を元に作成しています。
自毛植毛後、生え揃うまでの期間と結果!
自毛植毛手術を受けた後、髪の毛が生え揃うまでに要する期間や、本当に生えてくるのか?の結果、発毛時期などについて、管理人の自毛植毛体験談を元に記事にしてまとめてみました。
自毛植毛手術は本当にバレない?
自毛植毛手術を受けるにあたって最も気になる事の一つと言えば『バレるか?バレないか?』ではないかと思います、今回は実際に手術後バレる期間や、人にバレてしまうような手術の方法、バレない方法などをまとめてみました。
自毛植毛のダイレクト法まとめ!
自毛植毛手術で国内シェアNo,1をほこるアイランドタワークリニックですが、そのアイランドタワークリニックが採用する≪ダイレクト法≫と言う自毛植毛について、そのデメリットや傷跡は残らないか?また失敗などはないか?などを、実際にダイレクト法で自毛植毛手術を受けた管理人がまとめました。